超銀号は暴力的パワーなのに扱い易い特性でセット完了!!

先日Newエンジン完成→慣らし完了で
CADでVproリプロってた超銀号でしたが・・・・
DYNOJET生 206馬力&トルク21kって成績!!

ま~今回はブロック&ヘッドと全部新品で
ピーク数値は予想通りな成績なんだけど
見ての通り6,800rpm~9,400rpmまでフラット200?
もはやグラフの縦横軸の数値がオカシイよな(笑)
新たにヘッドも作り込んでバルタイも最適化。。。

 

もはや神々たちの遊びと化した量産型JB200仕様は
既に15台近く居てるけど多分コレ一番扱い易いかも♪
4.9ファイナルに5速0.75やのに
ハーフアクセルでもモリモリに加速していくとか(;”∀”)
クローズドコースで踏んでみたケド
4速8500rpmまでの到達がスーパーEVA超えてるやん!
Defi-ZDの車速修正するの忘れてたから
メーター数値は普通に4パルス設定状態やったけど
あとで計算したらやっぱりか、な、景色の流れ方ww
オカゲでTUTAYA延滞せずに済みました(笑)

 

 

以前の仕様でも生195psとか可笑しな数値だったけど
前よりもクルマ軽くなったんちゃうか~?な体感G。
ただ、後ろがガチャガチャ喧しいんで
トランク開けてみたら
予備のハブ4輪分に予備のローター3枚にジャッキやら
工具やら30kgくらい載ってたしwwww
これはちょっとケローブじゃSUGOで勝てないな(;^_^A