簡易サブコン追加でECUトルクリミッター解禁のステージ④!!

暫くイベントラッシュでしたが
その間も着々と更なる進化を遂げているLA400ECU(*^^)v
簡単に言うと
ステージ③までは純正ブースト&トルクリミッター範囲内の
ECUオンリーで完結するメニューですが、
ステージ④は簡易サブコン併用の疑似信号追加でソノ先へ♪
当然ですがステージ④は専用データになる為、
費用は更に増しますが興味のある方も少なくないハズww

 

も。LA400Kチューニングコンピュータは発売1ヶ月ほどで
既に50台弱施工してますがソノ全てにステージ④への
バージョンアップ可能。勿論イキナリ施工もOKです(笑)
端末は通販も可能なので自分で施工できる方は工賃不要w
ままま、
気になる内容は↓VFブログ引用で書き出してるので
興味のある方は御検討下さいませ~(`・ω・´)ゞ
って言ってもマダ価格未定やけどね~。

もともとは↑↑コンナ感じの端末を使ってハイリフトXPLAYの
タイヤ外径の負荷補正を狙った試みから得た副産物!?Σ(・ω・ノ)ノ
当然ですが
タイヤ外径が上がることで通常運転でもエンジン負荷が増え
その結果、通常走行時の空燃比がかなり濃い状態になります。
ECU側でセッティング仕直してもいいのですが
そこまで台数が出るか分からないキット専用のECUを
多大な時間と開発費を掛けて造る必要があるのか?と言われると
商売的にはNGです。 そこでエンジン負荷を仮想的に
変更できるような端末を付けてAFRを見張りながら
リアルタイムで書き換えて行けばECU書換に必要な
1回分ぐらいの時間でベストな数字が割り出せるのでは?
と言うスタンスでセッティングを始めてもらいました。

 

 

 

すると意外な副産物も得られて↑↑こんな好結果が得られました。
ステージ③はCVT車両でパワーチェックしているので、
グラフの傾きが5速MT車とはかなり異なります。
分かりやすいように比較グラフは5速MT車両で測定した
NORMAL時とステージ②を載せてます。

ステージ④はなんと最大パワー92.5ps トルク13.8kですが
低速域の発生トルクも段違いに向上しています。

 

赤色のステージ②のブーストに比べ、
今回のステージ④は圧力をかなり上げていますが
ブーストリミッターやトルクリミッターへの抵触はありません。
ステージ③マデに比べ端末代と端末の取り付け工賃が発生するので
コストパフォーマンスは落ちますが、
得られるパワーとトルクはかなり上がります。

 

ダイナパックから降ろし実走行でのセッティングでは
タイヤを純正サイズに戻して、
負荷の掛かり方を標準的なコペンと同じようにして
走行のlogを見ながら今回追加装着した端末のデーターを
リアルタイムに書き換えて微調整して行きます。
やはり毎回ECUを取り外して、
書き込みの為だけに10分間待つ手間が無いだけでも
セッティングはサクサク進んで行きます!

 

 

タイヤを純正からジムニーサイズに履き替え、
大幅に変わる負荷に合わせてハイリフト&大径タイヤ専用の
データーを実走で合わせこんで行きます。

タイヤがここまで大きくなると、各マップのトレーススピードが遅くなり
マップの読み込み位置もズレて来ます。
そのズレを 端末の専用ソフトを使って少しずつ補正して行くと言う流れです。

 

微妙なズレの補正を直そうと思うとそれだけで
何回もECUの脱着と書き込みに時間を奪われます。
リアルタイム書き込みが出来れば10種類の試したいデーターも
1時間も掛からずに検証出来ますが
ECU本体で試そうと思うと、多分1日掛かります・・・。
追加の端末ではソノ調整が簡単に出来てしまうってワケ(*^^)v

そうこうしながらハイリフトコペンに合わせこんだデーターが完成。
大径タイヤでありながらグイグイ加速するその違和感は、
なんと表現すればいいのか?ですが
コンナ見た目でも普通車リミッター以上の速度巡行可能に(笑)
これにてLA400Kコペンのステージ④データー作製と
ハイリフト用データー作製まで完了とのことです。

LA400KチューニングECUステージ③データー完成!\(^o^)/

バックオーダー中の皆様お待たせしました!
CVT用ステージ②、MT用ステージ③データー完成です^^
http://mo-fac.com/archives/17021

B/O中の皆様には
順次案内していきますが、園長が既に忘れている恐れが
大いにあるため心配な方はオレのオレのと催促下さい(笑)

※重度のコペン馬力中毒患者である当園長的には
今回ハジメテ純正ECUでのチューニングに挑戦でしたが
純正吸排気のフルノーマル車でも
こんなに激変するんだ!と驚かされました\(◎o◎)/
ま~そんな園長が激変体感するくらいなので
多くのユーザー様に満足頂ける製品になったと思います♪

で、気になる完成グラフですが
【ステージ②】↓

【ステージ③】↓↓

詳細はパーツページに追記してますが
よ~く読んで下さい。
ブーストアップ!って表現をヤメました(笑)
5MT&CVTとも色々試した結果、
車両個体差や気温変化なども考慮して
ブーストは立ち上がり時に1.0kまであげて、
その後は0.7k前後でマージンとってます。
燃調、点火、VVTiを最適化したセットで十分に
満足感を得られる仕上がりですよっ(*´∀`)b
園長のザックリした解説より更に親切な説明を
求める方はビークルフィールド様の
連載ブログもジックリ読んで確認して下さいっ♪

※闇雲にブーストを上げてしまうと
圧力補正が入って燃料ダダ濃い、点火ダダ遅れで
パワーは落ちてしまう上、エンジンには負荷しか
かからないと言う残念な結果になるんですよね。

あ、勿論 も。ファクではこれまでにサブコンや
フルコン、EVC等ブーストコントローラーを用いた
仕様のほうから先に開発完了してますしね( *´艸`)

改めて言うまでも無いけど
LA400Kデモカー:ケローブに至っては
660ccのまま、純正ブロック純正クランクのまんまで
TCF1.00無修正、170馬力の鬼ブースト仕様まで対応可能!
2018は全国行脚しながらロングランTESTも順調にクリア。

ステージ④⑤⑥⑦⑧⑨⑩くらいまでメニューありますね(笑)
セレブリティな方はイツデモ御相談クダサイ( ー`дー´)キリッ

ちょうど今は純正ターボの限界仕様を作ってるところです(*´艸`*)ムフ
KF-DET660ccのまんま
キャレコン+鍛造ピストン+ハイカムのSPLエンジンにフルコン制御!!
それなのにターボだけ純正でドコまで行けるの?的なヤツ(笑)
それと入れ替えで
↑と同内容やけどCPUだけサブコンFcon-iS仕様も年内完成予定ww

 

ままま、話が脱線しましたが~
つまりは5速MTもCVTも
メッチャ良い感じに出来たで~ってお知らせ\(^o^)/
欲張りなCVTユーザー様はブッ壊れても知らんけど
ステージ③データー挑戦してみて下さいねっ(笑)

ってゆ~てる園長が誰よりも欲張りなので
黒ローブ↓にはステージ③データ入れてもろたけどw

【特選中古車】22年式L880Kジョーヌイエロー5速MT追加!( ー`дー´)キリッ

も。ファク特選中古車に黄色L880K追加!!
平成22年式のジョーヌイエロー5速ミッション∠( ゚д゚)/
前オーナーさんちカーポート付きやったから
外装の日焼けも少なく極上と言ってイイでしょう♪
走行距離も少なめなので綺麗な黄色探してる方は是非!
検切れで仕入れたのを先週検査受けしたんで今満タンw
調子見るのに通勤で乗ってみたけどスコブル快調やで^^

カーセンサー掲載中!

※当社取扱ローンが新条件になりました\(^o^)/※
オリコ ニューバジェットローン
中古車200万円超・・・・・金利2.9% 支払回数6~96回
中古車200万円以下・・・金利3.5% 支払回数6~96回
審査&申込も店頭だけ完結します♪ 遠方対応もOK!

 

5速MT代車エッセもカーセンサー掲載!(‘◇’)ゞ 

某隊長の子供が免許とったら乗らすからソレまで代車で
置いておけと脅されてたんやけど、いざ免許取れたら
別のショ~モナイおーとま車を買ったと事後報告な酷い話w
ソレはソレでキッチリ落とし前つけてくれるやろうけど(笑)
ままま、
MTエッセは普通にオモロイ代車なので今も竜王に出動中♪
コッチも定番コペンパーツ流用でイロイロ施工済み。
400コペン純正16アルミに880ビルシュタイン&タナベバネ!
ハンドルもアルティメットエディション用でシートもコペン用w
あ、ブレーキキャリパー&ベンチローターまでコペン化ね。

こちらもカーセンサー掲載中♪ (‘◇’)ゞ